愛三工業が発表した2012年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が20億9600万円となった。前年同期は2億9000万円の赤字だった。

前年同期は、東日本大震災による自動車メーカーの減産が影響し、同社の受注が大幅に落ち込んだが、今期は、エコカー補助金や北米市場の回復などにより順調に回復。売上高は全年同期比37.2%増の424億4200万円となった。

経常損益は1億9700万円の赤字から21億3000万円の黒字へ、当期損益は2000万円の赤字から11億8200万円の黒字へ、それぞれ転換した。