パブコ・中型トラック用ウィングボディ(東京モーターショー11)(参考画像)

日本フルハーフ、パブコなどボデーメーカー8社は30日、産業用金物メーカーであるタキゲン製造製の荷室ドア施錠装置「メガロック」に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、8社が架装したトラック計1303台。2000年2月10日〜2012年4月26日に製作されたものが対象だ。

バン型荷台および冷蔵冷凍車の荷室ドア施錠装置施錠確認ランプの灯色が不適切なため、リモコンキーで開錠した場合、赤色ランプが点灯した状態で走行可能で、道路運送車両の保安基準に抵触する。

全車両、施錠確認ランプの灯色を緑色にした対策品に交換する。

8社とも不具合、事故ともに発生はなく、部品製造元からの連絡でわかった。

部品製造元であるタキゲン製造は同日、後付け部品として販売した「メガロック」に不具合があるとして、国土交通省に自主改善を実施すると報告した。

自主改善は、自動車部品として使用者に販売したものについて行うもので、対象となるのは1995年1月5日〜2012年4月5日に販売した約2千数百個。なお、対象数には車体メーカー8社がリコールしたものも含まれる。

改善箇所説明図