全体相場は3日続伸。欧州財務問題に対する警戒感の後退、先週末の米国株高を背景に、主力株を中心に買いが先行する展開となった。

もっとも、主要企業の決算発表を控えているうえ、欧米の金融政策の方向性を見極めたいとのムードが強く、上値は限定的。

平均株価は前週末比68円80銭高の8635円44銭と続伸して終了した。売買代金は1兆円割れ。

自動車株は値ごろ感からの買いに全面高。

トヨタ自動車が14円高の2957円と3日続伸。欧米株高、円高の一服を受け買い戻しが継続している。

ホンダが14円高の2499円、日産自動車が9円高の736円と続伸した。