勝利したマクラーレン(2012年ハンガリーGP)

サマーブレイク直前のハンガリーGPを制したのはマクラーレンのハミルトンだった。カナダGP以来のハミルトン優勝、そしてロータス勢の躍進と、それらを裏付けるポディウムフィニッシュ直後の声を聞いてみたい。

優勝
ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
「このウィークエンドの結果は、まだ全員が必死という状況を示している。フェルナンド(アロンソ)とのポイント差は多少は縮めたけど、まだまだ不十分だ。でも今のパフォーマンスが続けば、追いつくことができるだろう。僕たちにはまず安定したパフォーマンスが必要だ。マシンもまだまだ改善すべき点が多いが何とかやり遂げることができると思う」

「夏休みに入る前に自分たちは勝てるんだということが確認できたのは嬉しいよ。気分的に安心できるし、夏休みを楽しむ上でこれはとても大切なことだ。それにしてもロータスのペアは速かった。予選で前を取られていたら追い抜くのは不可能だったと思うよ。ロマン(グロージャン)やキミ(ライコネン)といった強力なドライバーからプレッシャーを受けると、精神力を100%集中しないと勝てないよ。チームも僕もミスをしないで本当に良かった」

「キミとのバトルなんだけど、本当のところは見た目ほどの接近戦ではなかったんだ。何度かコーナーでわざと近寄らせて彼のタイヤを傷めてやろうとした場面もある。僕は最終セクターのスピードだけに集中して最終の3コーナーでギャップを維持するように調節していたんだ」

2位
キミ・ライコネン(ロータス)
「いつだって優勝は狙っているけど、あと少しというところまで近づくことがある。そんなときは悔しい気持ちの方が強いね。勝てなかった理由はわかっているよ。予選で良いポジションが獲れなかったからレースで苦労するんだ」

「もっと有利なポジションに持ち込まないと優勝はできない。でもシーズンはまだ先が長いから成長の可能性はある。上手く行けば上出来だし、だめなら努力を続けるだけだ」

「僕も結構この仕事を長くやって来たから、あまり気にしないほうが良いということはわかっている。優勝できなかったのだから、もうそのことは悔やんでも仕方ない。スタートはまあまあの出来だったがKERSにちょっとした問題があって50%の能力しか使えなかった。フェルナンド(アロンソ)にポジションを奪われた理由はこれだ。スタートから数ラップの間KERSが上手く機能しないで遅れてしまった」

「オーバーテイクができないとポジションは変わらない。今日の結果は2位と3位だ。チームとしては悪くない結果だが、狙うのはあくまでも優勝だ。案外早く実現するかも知れないよ」

「チームからは、グロージャンと交錯しそうだといわれていた。その時に僕がスピードリミッターの操作を間違えてしまったんだ。ラインを5m過ぎるくらいまでリミッターが効いていたかな。つまり今日の僕の仕事は完全じゃなかったということになる。1コーナーでサイドバイサイドになってしまったけど、ポジションを守るのはそんなに難しくはなかったよ」

3位
ロマン・グロージャン(ロータス)
「キミ(ライコネン)との交錯はすれすれだったけど、彼は彼でああするしかなかったのだと思う。タイヤに砂がくっついて回復するのに時間がかかったけど、起きてしまったことは仕方ないね。キミとベッテルの絡みも同じだ。僕はセブ(ベッテル)の内側にいたから問題なかったけど」

「僕の前で発生したトラフィックにはちょっと腹が立ってる。おかげで1.5秒もロスしてしまった。あの時点では優勝がかかっていたから、ああいう風に前を抑えられたら面白くはないよ。今日は優勝が目前だったので結果はやや残念だ。青旗をまったく見てないドライバーにも困ったものだ」

「このサーキットは先行するマシンを追うのが難しいと思う。ルイス(ハミルトン)のすぐ後ろを走っているときにグリップが落ちてきて、その次の一度目のピットストップが大失敗だった。2度目は上手く行ったけど、ピットストップストラテジーはオーバーテイクが難しいハンガリーでは一番重要なポイントなのに、これが完璧じゃなかったのが残念だ。だんだんスライドが激しくなって、タイヤ温度が下がるなどで前を追うのは本当に大変だったよ」

ハミルトン(マクラーレン)(2012年ハンガリーGP) ハミルトン(マクラーレン)(2012年ハンガリーGP) 勝利したマクラーレン(2012年ハンガリーGP)