三菱 デリカD:5

三菱自動車が発表した2012年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比2.9%減の4192億円、営業利益が同22.1%増の149億円で、減収増益となった。

販売台数の落ち込みや円高の影響などにより、売上は若干減少したものの、台数・車種構成などの好転や、資材費等コスト低減などが寄与し営業利益は大幅プラスとなった。

販売台数は、同11%減の23万9000台。国内販売は、軽自動車にエコカー補助金対象モデルが少なく、登録車も主力車種がモデル末期にあることが影響し、同12%減の3万台となった。北米も、米国市場向けモデル『エクリプス』、『エクリプススパイダー』、『エンデバー』の生産終了などが影響し、同26%減の2万3000台となった。欧州・ロシアは同28%減の4万6000台、アジア及びその他は同1%増の14万台だった。

経常利益は同38.0%増の142億円、また当期利益については、投資有価証券の売却益を特別利益として計上したことなどにより、同367%増の200億円となった。

三菱 i-MiEV