トヨタ堤工場(資料画像)

日本自動車工業会が発表した2012年6月の自動車生産実績によると、四輪車生産台数は、前年同期比20.3%増の89万3149台、9か月連続のプラスとなった。

車種別では乗用車が同23.9%増の76万9251台で9か月連続で前年同期を上回った。このうち、普通乗用車が同10.2%増の40万5812台、小型乗用車が同34.0%増の20万9907台、軽乗用車が同60.0%増の15万3532台だった。

トラックは同2.0%増の89万3149台で9か月連続で前年実績を上回った。普通トラックは同0.9%減の5万2533台、小型トラックが同4.0%増の2万4980台、軽貨物車が同5.1%増の3万6066台だった。

バスは同1.6%減の1万0319台で4か月ぶりのマイナスだった。

6月の国内販売は同43.6%増の50万5342台、輸出は同7.2%増の43万1020台だった。

マツダ・宇品第2工場組立ライン《撮影 池原照雄》