シュコダ・ラピッド(参考画像)

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは7月27日、2012年上半期(1‐6月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は前年同期比6.6%増の57億ユーロ(約5515億円)。営業利益は4億4900万ユーロ(約435億円)となり、前年同期の4億1200万ユーロに対して、9%増となった。

2012年上半期の世界新車販売台数は、前年同期比8.4%増の49万3000台。市場別で見ると、信用不安が続く欧州での新車販売は伸びなかったが、中国を中心にした市場で新車販売を上乗せする。

また、シュコダは新型車の開発に積極的に投資。2012年上半期は、2億1700万ユーロ(約210億円)を新車開発に投資。同社によると、前年同期よりも8000万ユーロ(約77億円)の増額だという。

シュコダのウィンフリード・ヴァーランドCEOは、「2012年上半期決算はポジティブな結果。欧州経済は厳しい状況にあるが、2012年下半期(7‐12月)の成長に向けた基盤は強固だ」とコメントしている。

シュコダ・Citigo シュコダ・オクタビア グリーンEライン