ザウバー(参考画像)

F1サーカスが約1か月の夏休みに入る直前のハンガリーGPが開幕した。ハンガリーの首都ブダペスト郊外にあるハンガロリンクはドライバーに人気のサーキットである。

全長4.381kmのサーキットは、低速コーナーが次々に連続する特性からしばしばカート場に例えられる。平均速度はモナコに次ぐ遅さで、陸のモナコと呼ばれる低速サーキットだ。

平均速度182km/hの低速サーキットであるハンガロリンクではエンジンパワーよりもエアロの効率だろう。このサーキットでエンジンが最大回転数まで回されるのは、ホームストレートとT3/T4間の790mのストレートだけ。フルスロットル率も55%と少なく、シンガポールの市街地コースに近い。

サーキットで最もツイスティなセクター2は、3速で回るコーナーが大部分で、スピードは最大でも245km/h止まり。コーナーはすべてがリンクしている感覚だが、逆バンクコーナーのT5はバンプも多くバランスを崩しやすいため、スロットルは控えめで我慢するほうが良い結果につながる。

7月29日の決勝は、70周で行われる。加熱するチャンピオンシップポイントの削り合いにも注目である。

レッドブル(参考画像) フェラーリ(参考画像) メルセデスAMG(参考画像) フェルナンド・アロンソ(2012年F1イギリスGP)(参考画像) ジェンソン・バトン(マクラーレン)(2012年ドイツGP)(参考画像)