ホンダ・N BOX《撮影 内田千鶴子》

ホンダから発売された『N BOX+』のボディカラーは2トーンも選ぶことが出来る。

「実は、『N BOX』 が出た時からこの塗り分けは想定していました」と語るのは、本田技術研究所デザイン開発室1スタジオ主任研究員の濵野剛男さん。それはルーフとピラーの間に溝があることでわかるという。「N BOX発表時に、この溝についていろいろ質問されましたが、その時はまだ…」と笑う。

「N BOX+の想定ユーザーは、車中泊をしたり、アクティブに生活をされるユーザーです。そういう方にとっての、いわゆる楽しさを広げるクルマ。そこでツートン仕様を設定しました」と話す。

それに対し「N BOXはファミリーカー。家族のためのミニミニバンなので、きちんとミニバンとしての乗用車価値ということで、まとまりのあるボディカラーにしています」と語った。

ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX + ブロンズ&ホワイト《撮影 山本一雄》 ホンダ・N BOX + ツートンカラースタイル≪撮影 小松哲也≫ ホンダ・N BOX+《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX+ G・Lパッケージ2トーンカラースタイル