ホンダ・N BOX+《撮影 山本一雄》

いわゆる子育てママさん専用車とはちょっと趣の異なる『N BOX+』。斜めの床+アルミスロープは、自転車やベビーカーの積み下ろし、高齢の大型犬の乗せ降ろし等、確かに誰もが実生活のなかで即座に活用できそうだ。

ホンダアクセスからは、大型ルーフコンソール等、利便性を高める用品も多数用意されている。“コストの壁”を承知で言えば、低床化で天地に巨大化した現状のバックドアのほか、手軽に扱える観音開き式ドアがあるとさらにいいと思った。

「ダウンサイザーに配慮した」(ホンダ)というインパネのデザインはよりシンプルでもいいとも思う。が、“『タント』感(=軽規格いっぱいに頑張った軽のミニバン感)”は薄く、“いい道具感”が伝わってくるのがいい。

シンプルなマスクのノーマル系(ターボ、4WDも設定)なら、日頃の生活で実に便利なコンパクトカーとして、気分よく使いこなせそうだ。走行中のステアリングはもっと“重め”でもいいが、乗り味自体がタプッと快適なのは、先代の『バモス』譲り。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ホンダ・N BOX+とアルミスロープ《撮影 山本一雄》 ホンダ・N BOX+とアルミスロープ《撮影 山本一雄》 ホンダ・N BOX+ G・Lパッケージ2トーンカラースタイル ホンダ・N BOX+ カスタム【撮影 山本一雄】 ホンダ・N BOX+では、フルフラット化が意識され、フィート間のスペースが埋められた【撮影 山本一雄】