タイ・ヤンマーSP トラクター工場 組み立てライン

ヤンマーは7月27日、タイ現地法人ヤンマーSP社において、トラクター用変速機の現地生産を開始すると発表した。

タイはアジア有数の農業国として、近年、米の増産がすすむとともに農業の機械化率が高まりつつある。

ヤンマーSPは、昨年2月よりトラクターの現地生産を開始。今回、部材の現地調達率と生産効率を高め、需要増への対応を図るため、トラクターの主要部品である変速機の現地生産を決定した。

同社は2011年度、約4000台のトラクターを現地生産。今年度の生産計画は倍増の約8000台としている。

タイ・ヤンマーSP トラクター工場 変速機生産設備 タイ・ヤンマーSP トラクター工場