フォルクスワーゲンの中国主力セダンのラヴィダ(参考画像)

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲングループは7月26日、2011年上半期(1‐6月)の決算を公表した。

同社の発表によると、アウディやセアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、前年同期比22.6%増の954億ユーロ(約9兆1640億円)。

また営業利益は、65億ユーロ(約6245億円)。前年同期の61億ユーロ(約5860億円)に対して、6.7%増となった。

2012年上半期の世界新車販売は、前年同期比8.9%増の445万台。このうち、フォルクスワーゲンの乗用車部門は、10.2%増の279万台だ。グループ全体の市場別実績では、中国が17.5%増の130万台。米国も30.4%増の27万5200台と好調だった。

フォルクスワーゲングループのハンスディーター・ペッチュCFO(最高財務責任者)は、「経済情勢には不確定な要素があるが、フォルクスワーゲングループの業績は、これまでのところ好調」と述べている。

セアト・トレド(参考画像) シュコダ・ラピッド(参考画像)