日産『ノート』披露会

日産自動車は7月26日、2012年度第1四半期決算を発表した。その席上、田川丈二執行役員は国内市場について、「7月までの販売は確かにいいが、60%以上の伸びというのは普通ではない。補助金がなくなった下期以降大きく落ちる可能性がある」と述べた。

日産は第1四半期の国内販売台数を前年同期比19.5%増の14万1000台だったものの、シェアは11.2%と4ポイントも落とした。これは他社が補助金を狙って大攻勢をかけた結果といえるが、それにしても4ポイントも落としたのは異常だ。裏を返せば、日産にはそれだけ魅力的な車がなかったため、ということになる。

「第1四半期に『シーマ』や『キャラバン』を出したけれども、その効果は第2四半期以降に現れてくる。それにこれから『ノート』をはじめ、『ティーダラティオ』『シルフィ』などの新車がたくさん出てくる。そうすれば、昨年のようにシェアを伸ばしていけるのではないかと期待している」と田川執行役員は話した。

日産12年度第1四半期決算会見 田川丈二執行役員