スマートエネルギーシステムの構成図

古河電気工業は、電気自動車(EV)および定置型の蓄電池を用いて日中の電力ピークを抑える実証実験を、2012年8月1日から2013年3月末まで、神奈川県海老名市の産業技術センターで行う。

今回の実証実験は、神奈川県環境農政局新エネルギー・温暖化対策部蓄電推進課より公告された「スマートエネルギーシステム導入推進実証調査業務委託」の受注にともなうもの。

実験に使用するシステムは、PCS(交流電力変換装置)、リチウム蓄電池、EV-PCS(EVへの充放電を行うPCS)、見える化システムおよびEMSで構成。従来、EVを蓄電池と見立てて放電する時は、系統(商用交流ライン)から切り離していたが、今回は系統と接続した状態で放電し、かつ複数の蓄電池をコントロールする業界初の実証実験となる。

古河電工は、システムの全体設計や、複数のPCSをコントロールする通信プロトコル、消費電力や放電量を可視化するソフトウェア、消費電力量に応じて複数のPCSから放電させるEMSソフトウェアを開発。同事業において2013年度に3億円の売り上げを見込む。

日産・LEAF to Home