メルセデスベンツ Cクラス セダン AMG スポーツパッケージプラス

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』のモデルラインアップを変更するとともに、装備内容の充実を図り、7月26日より発売を開始した。

今回、『C180 BlueEFFICIENCY アバンギャルド』(セダン/ステーションワゴン)を新設定。上級モデルに採用されているアバンギャルド仕様とするとともに、AMGスタイリングパッケージ、アドバンストライトパッケージを標準装備し、スポーティなエクステリアを演出。さらに、メモリー付パワーシートや後席分割可倒式シートを装備し、利便性を高めている。

価格はベースグレードから50万円高に抑え、セダン449万円、ステーションワゴン469万円とした。

また、『C200 BlueEFFICIENCY アバンギャルド』(セダン/ステーションワゴン)では、メモリー付パワーシート、後席分割可倒式シートを新たに標準装備。価格は従来モデルより10万円ダウンのセダン499万円、ステーションワゴン519万円とした。

さらに、全車にVICS3メディアを標準装備したほか、『C180 BlueEFFICIENCY』(セダン/ステーションワゴン)にはパーキングアシストリアビューカメラを、『C250/350 BlueEFFICIENCY アバンギャルド』にはAMGスポーツパッケージと後席分割可倒式シートを標準装備。くわえてオプション設定を見直すなど、商品力の強化を図っている。

メルセデスベンツ Cクラス クーペ AMGスポーツパッケージプラス メルセデスベンツ Cクラス クーペ AMGスポーツパッケージ メルセデスベンツ Cクラス クーペ メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデスベンツ Cクラス_クーペ インテリア メルセデスベンツ Cクラス セダン AMGスポーツパッケージプラス インテリア