ジェンソン・バトン(マクラーレン)(2012年ドイツGP)

ドイツGPで2位フィニッシュしたジェンソン・バトンがマクラーレンの復調を宣言した。

一時はコンストラクターズ順位を4番手まで落としたマクラーレンだが、ホッケンハイムに持ち込んだアップグレードが功を奏し、バトンはトップのアロンソ(フェラーリ)に次ぐ2位フィニッシュ、コンストラクターズではロータスを抜き返した。ダブルヘッダーでハンガリーGPが控えるこのタイミングは、マクラーレンにとって反撃の好機だとバトンは言う。

「ドイツのリザルトでマクラーレンはポイントを争う狩りができる立場に戻った。こうなると2週連続開催は絶好のチャンスだ。前イベントから荷解きも終わらないうちにコクピットに戻る。勢いに乗っているときはその勢いを徹底的に利用することが大事だ。僕自身にとってもハンガリーは特別な思い入れのある場所だ。2006年に初めてグランプリに優勝したのがここだからね。去年はグランプリ200戦記念のパーティをやって、そのまま優勝できたしね」

「今年も上位に入れるだけの理由は揃っている。ホッケンハイムのペースがまずひとつの好材料だ。予選からレースまでトラブルなしでスムーズにやることが大切だね。F1トップレベルのパフォーマンスはご承知のように非常に近接しているけど、マクラーレンはその頂点に届きつつある。一生懸命がんばってくれているファクトリーに優勝を持ち帰ることができれば最高だ」

ジェンソン・バトン(マクラーレン)(参考画像) ジェンソン・バトン(マクラーレン)(参考画像)