ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》

ホンダ『N BOX』のフロントウインドウは大きなカーブを描いている。

その理由について、本田技術研究所デザイン開発室1スタジオ主任研究員の濵野剛男さんは、「基本がキュービックのクルマなので普通に作ると、いわゆる商用バン『アクティ』になってしまうのです」という。N BOXのデザインコンセプトは、ミニバンよりさらに小さい“ミニミニバン”であり、乗用車だ。「ピラーは立てざるを得なかったので、上から見たガラスはなるべく丸くしようと、ルーフも含めて丸く作りました」と話す。

また、フェンダーの先なども丸みを帯びたデザインとなっている。「親しみのわくような、家族の一員として一家にきちんと受け入れてもらえるミニバンとしました」と濵野さん。

「奥様達がこのクルマを見た時にデザイン面で不満や怖さを感じては駄目なのです。そこで、曲面を使って親しみを出しました」。しかし、「クルマを輪切りにすると本当に四角いです。これ以上四角いクルマがないくらい。このことを実現するためにサイドウインドウはホンダの中で一番ガラスが立っているのではないかな」と笑う。

しかし、このために様々な弊害が出た。「ここまでガラスを立てると、メーターの光がサイドウインドウに写り込んでしまったのです。これにはびっくりしましたし、初めての経験です」。通常はもっとサイドウインドウは傾いているのでそういうことは起こらなかったのだ。そこで、「メーターの位置をもう一度見直すなどありとあらゆることを行いました」とし、ウインドウの角度などを見直さなかったのは、「この四角い輪切りはこのクルマの命だからです」とした。

ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》 ホンダ・N BOX《撮影 内田俊一》