新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)

日産自動車が7月26日発表した2013年3月期の第1四半期(4-6月期)連結業績は、営業利益が前年同期比20%減の1207億円、純利益が15%減の723億円と、いずれも減益となった。通期の業績予想は据え置いた。

第1四半期はグローバル販売が15%増の121万台と順調に伸び、売上高は3%増の2兆1364億円と増収になった。しかし、前年同期を上回る円高の進行や、原材料費の上昇、さらに北米を中心とした販売費の大幅増が収益を圧迫した。販売費は、北米の主力車種で6月にモデルチェンジした『アルティマ』が第1四半期ではモデル末期となり、販売奨励金がかさむなどで増大した。

会見した田川丈二執行役員は、第1四半期について「厳しいマクロ経済環境にもかかわらず、一定の業績を残すことができた」と評価した。日産は、通期では営業利益7000億円(前期比28%増)を予想している。田川氏は「第1四半期は通期見通しに沿った結果」とし、業績予想や1ドル82円としている想定レートの修正は見送った。

だが、円高の影響が長引いていることもあり、田川氏は「今後の新車攻勢で販売を伸ばすとともに、徹底したコスト管理や円高の影響を相殺するあらゆる活動を推進したい」と強調した。

新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)