フォルクスワーゲン・トゥーラン

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトミニバンモデル『ゴルフ トゥーラン』を一部仕様向上し、7月25日から発売を開始した。

新型車は、コンパクトミニバンとして初のドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を全車に標準装備。同システムは、ドライバーのステアリング操作を監視することで、長時間運転などによるドライバーの疲労を検知すると警告灯を点灯させて休息を促すほか、警報音を発して集中力の低下を警告する。加えて、前席ヘッドレストに前後調整機能を追加した。

また、オプションとして新たにフォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「712SDCW」を採用。純正ナビは、大容量のSDナビゲーションシステムを中核に、リヤビューカメラ「Rear Assist」と最新のDSRC(ITSスポット対応)車載器を組み合わせている。

価格は294万円から。

ドライバー疲労検知システム(画像はCC) 純正ナビゲーションシステム 712SDCW(画像はCC)