ポルシェ・911カレラ

米国の民間調査会社、JDパワー&アソシエイツ社は7月25日、「2012年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を公表した。ブランド別の満足度ランキングでは、ポルシェが8年連続で第1位に輝いた。

この調査は今年で17回目。2012年モデルの新車を購入したユーザーを対象に、新車購入から90日が経過した時点で、愛車の魅力について質問している。質問項目は、性能、デザイン、装備など10カテゴリーの80項目以上。調査は2012年2-5月にアンケート方式で行い、7万4000人以上から回答を得た。

調査は1000点満点で、ポイントの多い順にランキング。ブランド別の結果は以下の通り。

1. ポルシェ(887点)
2. ジャガー(877点)
3. BMW(859点)
4. アウディ(848点)
5. メルセデスベンツ(844点)
6. ランドローバー/レクサス(833点)
7. キャデラック/インフィニティ(823点)
8. アキュラ(816点)
9. リンカーン/MINI(815点)
10. フォルクスワーゲン(812点)
11. ボルボ(807点)
12. ラム(792点)
13. フォード(791点)
14. クライスラー(789点)
15. キア(786点)
16. ダッジ(785点)
17. ビュイック/ヒュンダイ(784点)
18. GMC/トヨタ(780点)
19. シボレー(777点)
20. ホンダ(771点)
21. マツダ(770点)
22. 日産(769点)
23. フィアット(768点)
24. ジープ/サイオン(764点)
25. スバル(761点)
26. 三菱/スマート(752点)
27. スズキ(745点)

業界平均値は788点

ポルシェは8年連続の第1位。前回調査に対して、得点を8ポイント上乗せし、887点を獲得した。ポルシェは部門別でも、プレミアムスポーティカーで『911』が第1位に選出されており、高い魅力度が評価を受けた。

ジャガーの2位、BMWの3位は前回と同じ。ランドローバーは前回4位から6位へ後退。アウディは5位から4位へ、メルセデスベンツは6位から5位へ上昇している。

上位ブランドの中で、伸びが目立ったのは、ホンダの高級車ブランド、アキュラ。前回11位から、今回調査では8位となり、ポイントは808点から816点へ、8ポイント上乗せした。

韓国ブランドでは、ヒュンダイが15位から17位へ後退。9ポイントダウンの784点にとどまった。一方、その傘下のキアは、20位から15位へ順位を上げ、プラス9ポイントの786点を獲得している。

ポルシェ・911