フォルクスワーゲン CC

「パサート」の名を外し、新たな上級車に再定義されたという。

外観は大枠は変えず(ドアミラーのハウジングなども同じ)、前後デザインを一新。ランプ類は従来の“涙目”を止めスッキリと。迷わずメッキの横バーが配置されたグリルは温故知新を感じるデザインに見える。

インテリアも同様で、硬質な着座感が気持ちいい、横パターンのシートなどは従来からお馴染のもの。インパネは中央部にアナログ時計が置かれた点が新しい。フロントガラス越しの視界が一番広い、余分な空間を削いだ室内の気持ちよくタイトな雰囲気も従来どおりだ。

大きく変わったのはパワートレーンで、1.8リッターTSIエンジン(160ps/25.5kg-m)+7速DSGを搭載。従来の3.6リッターV6のような、腹の底からチカラが沸き出す風でこそないが、低速から高速領域まで、卒なくストレスなくパワーを発揮するのは、他のTSIエンジンと共通のイメージ。サスペンション特性の切り替えが明確なDCC(アダプティブシャシーコントロール)も搭載する。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

フォルクスワーゲン CC 1.8リッターTSIエンジン フォルクスワーゲン CC フォルクスワーゲン CC ナパレザーをシート全席に採用 フォルクスワーゲン CC ナパレザーをシート全席に採用 フォルクスワーゲン CC