最大出力を850psへ引き上げた米国ミシガン州「LOVEFAB」のホンダ・NSX

山火事の影響で開催が延期されたものの、8月12日に米国コロラド州で決勝レースを迎える第90回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。このレースに、ホンダ『NSX』のモンスターマシンが参戦する。

今年のパイクスピークにNSXでエントリーするのは、米国ミシガン州に本拠を置く「LOVEFAB」。同社は2003年に設立されたファクトリーショップで、ホンダ車のチューニングを得意とする。

そんなLOVEFABが手がけたのが、ホンダNSXのパイクスピーク仕様。同レースの最高峰、改造無制限クラスに出走するとあって、1991年式のNSXをベースに、大幅な改造が施された。

そのハイライトが、ギャレット製のターボチャージャー2個が装備されたエンジン。排気量やエンジン形式は公表されていないが、最大出力は850psを絞り出すという。

また、フルカーボンファイバー製ボディにより、車両重量は1tを切る軽量さを実現。リアには、強力なダウンフォースを得る大型ウィングを装備。フロントにも空力パーツが装備され、NSXの面影は少ない印象だ。

ドライバーは、LOVEFAB代表のCody Loveland氏。850psのモンスターNSXが、初挑戦のパイクスピークで、どのような結果を残すか注目される。

ホンダ・NSXコンセプト(ジュネーブモーターショー12) ホンダ/アキュラ・NSXコンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ホンダ/アキュラ・NSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》