トヨタ・スペイド《撮影 内田千鶴子》

フルモデルチェンジして2代目となったトヨタ『ポルテ』と姉妹車の『スペイド』は、低床フラットフロアのため、子供だけではなく、お年寄りにも優しいクルマとなっている。

「足腰が弱くなってきますと、体を曲げることがしにくくなります。なので、(フロアが高かったり、背の低いタイプのクルマには)乗り込み難くなります」とトヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主幹の永津直樹さんは話す。しかし、ポルテは、「大開口で低床、しかも室内高が高いので、乗り込みやすいでしょう」という。

更に、「フロアが低いだけではなく、フロアからシートの高さが結構高く、立ち上がりやすいシートとしました。足が悪い人は、低く座ると立ち上がることが出来難いのです」。

永津さんは、「速いクルマをつくることも大事ですが、パーソナルモビリティとして考えた時に、乗り降りしやすいクルマをつくれば、その方を病院なり、駅に送ることも非常にスムーズに出来ます。アンブレラホルダーは傘立てにも、つえ立てにもなります」。また、「Aピラーのグリップの位置も立ち上がりやすいところに設置しました」とする。

「たくさんトヨタにクルマがある中で、家族に体の不自由な方がいる、もしくは、老人も子供も全ての人が乗りやすいある程度の高さを保ったクルマがあってもいいじゃないかと。全部が低い格好良いクルマにするのではなくて、こういう格好良さ、新しさもあるのではないかということにもこだわりました」と語った。

トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》