ルノーのEV、ZOE(参考画像)

フランス自動車大手のルノーと、米国の携帯電話関連の通信技術開発会社、クアルコム(Qualcomm)は7月24日、EV向け無線充電システムの共同開発で合意したと発表した。

クアルコムの開発した無線充電システムは、通常の有線による充電方式との比較で90%の効率を実現。有線と、ほぼ同等の充電性能を持つのが特徴だ。

同社は2011年11月、無線充電装置とEVを使った実証実験「WEVC」を、2012年前半から英国ロンドン東部で行うと発表。今回、この実験にルノーが参画することが決定。ルノーのEVにクアルコムの無線充電装置を搭載し、実証実験が行われる。

クアルコムは無線充電技術のライセンスを、自動車メーカーなどに供与し、この技術の普及を目指す方針。

クアルコムのアンソニー・トムソン副社長は、「EV分野をリードするルノーとの共同事業に興奮している。我々の目標は、誰でも簡単にEVを充電できるようにすること」とコメントしている。

ルノーのEV、ZOE(参考画像)