飼い主の9割近くがペットの成長を記録していることが、アニコム損害保険が実施したアンケート調査で明らかになった。また記録している内容では、ペットの健康に関するものが最も多いことが分かった。

この調査はアニコム損保のペット保険契約者に対しインターネットを通じで実施したもの。それによると、ペットの成長を記録していると答えた人は86.4%だった。記録している内容を聞いたところ(複数回答)、予防注射が69.2%、病気・ケガが49.6%、健康診断49.5%、かわいいしぐさやポーズが43.9%、体重や体高38.5%、誕生日などの記念日36.6%の順で、健康に関することが上位を占めた。

その記録方法(複数回答)は、デジカメや携帯で写真を撮るが72.7%、動物病院などの明細書を保管が65.9%、動画を撮るが32.9%、動物専用の日記や手帳が25.3%、ブログやFacebookに掲載するが23.8%だった。

またペットの誕生日にお祝いをするか聞いたところ、68.2%の飼い主が「毎年している」と回答、その内容(複数回答)はエサを豪華にするが60.1%、記念写真を撮る41.4%、洋服やおもちゃなどをプレゼントするが37.5%、パーティをするが12.2%などとなった。