ボルボC30エレクトリック

ボルボカーズは20日、『C30』をベースに開発したEV、『C30エレクトリック』を使って、中国で実証実験を行うと発表した。

C30エレクトリックは、最大出力111psを発生するモーターを搭載。二次電池は蓄電容量24kWhのリチウムイオンバッテリーで、センタートンネルと燃料タンク部分にレイアウトする。動力性能は、0-100km/h加速10.5秒、最高速130km/h。1回の充電で最大150kmを走行でき、充電は230Vソケットで約8時間だ。

ボルボカーズはこのC30エレクトリック15台を、中国上海市で行われる「EV100デイズ」プロジェクトに提供。C30エレクトリックは3か月に渡って一般ユーザーに貸与され、EV普及に向けた各種データの収集を行う。ボルボカーズはここで得られたデータを、次世代EVの研究開発に反映させる計画。

ボルボカーズのフリーマン・シェン副社長は、「我々のノウハウを、ボルボカーズにとって世界第二位の市場である中国と共有できることを誇りに思う」とコメントしている。

ボルボC30エレクトリック ボルボC30エレクトリック