ヒュンダイHB20のティーザースケッチ

世界の市場で勢いを増している韓国ヒュンダイモーター。同社がブラジルに、新たなコンパクトカーを投入することが判明した。

これは24日、ヒュンダイモーターのブラジル法人が明らかにしたもの。『HB20』と名付けられた、新型コンパクトカーのティーザースケッチが公開されたのだ。

このHB20、ブラジル市場のために開発され、ブラジルで現地生産・販売されるモデル。同社が欧州で発売している新型『i20』の車台をベースに、ブラジル市場の嗜好に合わせた専用の内外装を採用する。

ブラジル市場ならではのエンジンが、フレックス燃料仕様。ガソリンだけでなく、エタノール混合燃料でも走行できる1.6リットルエンジンが用意される。新型HB20は今秋、ブラジルで発売される予定だ。