トヨタ・ポルテ《撮影 内田俊一》

8年にもわたるロングセラーとなった『ポルテ』が、フルモデルチェンジし、2代目となった。

「初代ポルテは、まだ背の高いミニバンが世の中から認めらない頃に計画されました」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主幹の永津直樹さん。永津さんは初代のデザインも担当した。

「いざ発売すると、他にはない、室内の圧倒的な広さと、地面から30cmのフラットフロアが非常に好評でした」という。そこで、今回のモデルチェンジでも、「時代にやっと認められたので、この良いところは残して、もっと良いクルマにしました」と述べる。

実際に使った意見を見ると、「圧倒的な室内の広さについては、ユーザー満足度100%という結果でした」。しかし、「燃費や地球にやさしいという時代の要請もあったので、このクルマの良さと、時代性をどう両立しようかということが課題だったのです」。

そこで、「全高を30mm低くしました。それにより前投影面積が変わり、燃費には貢献します」。しかし、室内高も30mm低くしてしまっては意味がない。そこで、「ルーフの丸さなどを見直し、開口部や室内の高さはほとんどそのままで、小学校高学年生くらいまでが中で着替えられたり、お年寄りがそのまま入れるくらいの高さを残すようにしています」。

永津さんは、「全高は低くなりましたが、本当に必要な、ドアの高さや、敷居の低さ、そして大開口は守りました。そのうえでルーフ後方を少し下げることで空気抵抗を減らしています。このように、スタイリングとデザインをしっかりと分け、必要なデザインを行ったのです」と語った。

トヨタ・スペイド《撮影 内田俊一》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・スペイド《撮影 内田俊一》 トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ/スペイド《撮影 内田千鶴子》