日本トレクスは7月24日、セミトレーラなど計76型式の補助脚に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年8月22日〜2012年6月29日に製作された592台。

トラクタから切り離された際に使用する補助脚を上下するためのシャフトに接続するための部品と内筒との接合部の加工のための治具が不適切なため、内筒が十分かしめ固定されておらず、かしめ部にガタつきが生じ、内筒が傾いて補助脚を上下することができなくなる。

全車両、補助脚の内筒を良品に交換する。

不具合発生件数は4件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。