フォルクスワーゲングループジャパン・駒見吉宣部長≪撮影 小松哲也≫

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は24日、4ドアクーペスタイルの『フォルクスワーゲン(VW) CC』を発売した。価格は499万〜524万円。

日本市場ではもともと『パサートCC』として販売されていたが、エンジンバリエーションも3.6リッターと2.0リッターの2タイプあったが、今回の改良を機に1.8リッターのTSIエンジンと7速DSGトランスミッションのみの設定となった。

VGJマーケティング本部の駒見吉宣プロダクト・マーケティング担当部長は「メーカーの使命として時代に即したエコで知的な燃費の良いパワートレインをお客様に提供することは、フォルクスワーゲンとして日本市場で必ずやっていかなければいけないことだと思っいる」と説明。

その上で「必ずしもエンジンをダウンサイジングしたからといって動力性能が落ちているわけではない。うちの技術は直噴とターボもしくはターボとスーパーチャージャーを用いたエンジン、それに非常に効率が高いDSGトランスミッションにより、高級モデルを求めるお客様でも十分快適に走れる動力性能を持っている自身がある。一番日本市場にあった1.8リットルTSIエンジンを今回採用した」と述べた。

さらに「エンジン排気量でエンジンを語る時代は終わっていると我々は思っている。過給機が付いていれば、1.8リットルといえども、2.5リットルの自然給気エンジン並みのトルクを1500回転という非常に低回転から発生しているので、動力性能はほとんど問題なく気持ちよく走れる」と強調した。フォルクスワーゲン CCの最大トルクは250Nm/1500〜4500回転となっている。

フォルクスワーゲンCC≪撮影 小松哲也≫ フォルクスワーゲンCC≪撮影 小松哲也≫ フォルクスワーゲンCC≪撮影 小松哲也≫ フォルクスワーゲンCC≪撮影 小松哲也≫ フォルクスワーゲンCC≪撮影 小松哲也≫