ジープ・リバティ(日本名:チェロキー) (参考画像)

米国自動車大手、クライスラーグループ。同社が米国での新世代エンジン生産に向けて、新たな投資を行うことが分かった。

これは23日、クライスラーグループが明らかにしたもの。同社の計画によると、米国ミシガン州のマック・アベニュー工場に1億9800万ドル(約155億円)を投資。製造ラインを改修する。

マック・アベニュー工場は1953年、クライスラーが取得。現在、大型ピックアップトラックの『ラム』用の4.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンを生産している。

今回の投資により、同工場の製造ラインを改修。新世代の3.7リットルV6ガソリンエンジンを組み立てる準備に入る。このエンジンは、ジープ『リバティ』(日本名:『チェロキー』)などに搭載。「ペンタスター」呼ばれる3.6リットルV6の後継機種だ。

また、この工場改修は、250名の新規雇用を創出。クライスラーグループは、「デトロイトおよびミシガン州の経済発展のために、この投資を行う」とコメントしている。

ペンタスターエンジン