フォルクスワーゲン CC

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、国内販売の乗用車最上級モデルとして、4ドアクーペ『フォルクスワーゲン CC』を導入。7月24日から発売を開始した。

新型車は、『パサートCC』の一部改良モデル。セダンシリーズの頂点『フェートン』(日本未導入)と『パサート』の中間に位置するモデルとして再定義されたことを受け、名称変更となった。

エクステリアは、最新のフォルクスワーゲンデザインを踏襲し、フロントおよびリヤ部分を水平基調のデザインに改めた。ルーフからリヤエンドにかけて伸びやかに弧を描くサイドシルエットと大径の18インチタイヤ、フロントポジショニングランプ/テールライトに採用したLEDなどにより、エレガントで高級感のあるデザインとなっている。

インテリアでは、上質なナパレザーをシート全席に採用。シートカラーはブラックの他に茶色系のトリュフ&チタンブラック、明るいデザートベージュ&チタンブラックを用意。また、フロントガラスには遮音フィルムを内蔵するほか、ボディ随所に遮音材を追加することで、上級モデルにふさわしい優れた静粛性も確保している。

エンジンは、前モデル『パサートCC』の2.0リッターTSIから1.8リッターTSIへ変更。7速DSGトランスミッションとブレーキエネルギー回生システムを組み合わせたことで、燃費は13.4km/リットル(JC08モード)と、大幅に向上。エコカー補助金の対象モデルとなっている。

さらに、初回車検までの法定・メーカー推奨点検部品、工賃が無償になる「フォルクスワーゲン サービス プラス」を無償付帯するほか、上級モデルにふさわしい標準装備を備える。プリクラッシュブレーキシステム、レーンチェンジアシストシステムなどの先進安全装備については、「テクノロジーパッケージ」としてオプション設定する。

価格は、標準仕様の1.8TSIが499万円、先進安全装備を搭載した1.8TSIテクノロジーパッケージが524万円。

フォルクスワーゲン CC フォルクスワーゲン CC フォルクスワーゲン CC フォルクスワーゲン CC 1.8リッターTSIエンジン フォルクスワーゲン CC ナパレザーをシート全席に採用 フォルクスワーゲン CC ナパレザーをシート全席に採用 フォルクスワーゲン CC フォルクスワーゲン CC 純正ナビゲーションシステム 712SDCW フォルクスワーゲン CC ドライバー疲労検知システム