トヨタ・スペイド《撮影 内田千鶴子》

トヨタから発売された新型『ポルテ』と『スペイド』の、大きな特徴のひとつに、親しみやすいデザインがある。

「機能的で親しみやすいデザインをコンセプトにして、デザインテーマをスクエアオーバルとしました」とは、デザイン本部トヨタデザイン部主幹の永津直樹さんの弁。

「機能性に優れた広いクルマを作ろうとすると、四角四面になりがちですが、直線と円弧を組み合わせた、シンプルでアイコニックなモチーフで形を統一しています」と話し、「天井の室内側もスクエアオーバルで高さを稼ぐデザインにしています」と、機能性にプラスして、親しみやすさを表現している。

また、「ユーザーの趣向や気分に合わせて選べるように、ポルテのデザインキーワードは“リラックスクリーン”とし、先代で好評だった、親しみやすく優しい個性をシンプルに表現する形としました」。

そして、新登場のスペイドのデザインキーワードは、「クールメカニカル。水平貴重なラインで安定感を強調し、クールなスタイルに遊び心をあしらい、ポルテとは違う世界観の表現にチャレンジしています。リアコンビランプに隠されたスペードマークもそのひとつです」と語った。

トヨタ ポルテ《撮影 内田俊一》 トヨタ ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・スペイド《撮影 内田俊一》 トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主幹の永津直樹さん《撮影 内田俊一》