SGホールディングスの栗和田榮一会長兼社長(左)とSindhu社G.Balaraju社長

佐川急便の持株会社SGホールディングスは7月24日、インド・バンガロール市に本社を置く国際物流会社Sindhu Cargo Services社(Sindhu社)の株式の26%を取得し、同社へ資本参加すると発表した。

Sindhu社は、バンガロール、チェンナイ、ツチコリン等のインド主要空港および港湾を中核拠点として、通関事業を中核にフォワ―ディング・陸送・倉庫事業を展開。インド全土に22支店、7倉庫を持つ。

Sindhu社への資本参加により、SGHグループは初進出となるインド市場への足掛かりを獲得するとともに、同社を強力な現地パートナーとして国際物流ネットワークの拡大強化を図っていく。

SGホールディングスは、1年後にSindhu社から株式を40%まで追加取得する権利を得ており、パートナーシップの強化を図り、SGHグループのインド事業の基盤構築ならびに国際物流事業の拡大を進めていく。

また、同社はシンガポールに中間持株会社(SG HOLDINGS GLOBAL PTE.LTD.)を設立。新会社については、将来的にはSGHグループの海外事業統括会社への移行を視野に、機能強化を図っていくとしている。

ハイブリッドボディ搭載車両(佐川急便仕様)