トヨタ・ポルテ/スペイド《撮影 内田千鶴子》

トヨタから発売された新型『ポルテ』とその兄弟車『スペイド』は、“プチバン”と呼ばれるカテゴリーに属するという。

トヨタマーケティングジャパンマーケティングプランナーの中田香織氏は、「最近よく耳にする“プチ”という言葉。例えば“プチ家電”“プチ旅行”“プチギフト”や“プチプラコスメ”など、機能はそのままに小型化された製品やサービスに“プチ”とつくことが多くなっています」という。

そして、「これらの商品は消費者の“コスパ”、いわゆるコストパフォーマンス意識の高まりから注目を集めています。背伸びすることなく、自分の生活にフィットした、必要十分な機能やサイズ、サービスを求める賢い消費者が増えているのです」とその背景を語る。

「そんな潮流からか、高額消費財であるクルマにおいても、いま“プチバン”というカテゴリーが注目を集めています」。これは、「コンパクトでありながら、スライドドアや広い室内といったミニバン要素を持つクルマが、“プチバン”とカテゴライズされ、ミニバンとコンパクトカーの使いやすさを併せ持った“高コスパ”なクルマとしての認識が確立されつつあるのです」と述べ、「“プチバン”こそ、いま世の中に求められているクルマだと思っています」とした。

トヨタ・ポルテ《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・スペイド《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・スペイド《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・ポルテ/スペイド《撮影 内田千鶴子》 トヨタマーケティングジャパンマーケティングプランナーの中田香織氏《撮影 内田俊一》