メルセデスベンツ コネクション移転オープン

メルセデスベンツ日本は、東京・六本木に設置しているメルセデスベンツブランドの情報発信拠点「メルセデスベンツ コネクション」を、2013年1月に移転オープンすることを発表した。

また2013年春には東京以外で初進出となる大阪にもオープンする。

メルセデスベンツ コネクションは2011年7月、メルセデスベンツブランドとして世界で初めて展開するカフェやレストランラウンジを中心とした新コンセプトの情報発信拠点として、東京・六本木に開設した。18カ月間限定の拠点は、新しい顧客層を開拓するためのブランドの訴求や浸透が目的で、メルセデス・ベンツに関する情報の発信やイベント会場、他ブランドとのコラボレーションの場として活用し、オープン以来延べ66万人以上が来場した。

同社では、メルセデス・ベンツ コネクションの果たした役割と将来性を再認識し、移転することで継続することを決めた。

現在の所在地から北西に徒歩1分の外苑東通り沿いに移転・オープンする。外観イメージはそのままに延床面積を拡大、飲食スペース・内容とも充実を図る。

一方、大阪は、JR大阪/梅田駅北側の再開発地域に2013年春に誕生する、うめきた先行開発区域「グランフロント大阪」の中核施設「ナレッジキャピタル」内にテナントとして新規オープンする。隣接する屋内広場「ナレッジプラザ」を活用して車両を展示する予定。

同社のニコラス・スピークス社長は「2013年以降も、東京・六本木と大阪・梅田という東阪のトレンド発信地で、メルセデスの『いま』を感じ、楽しんで頂けることを確信している」と述べている。

メルセデスベンツ コネクション大阪にも展開