第11戦エドモントンで2位表彰台を獲得した佐藤琢磨《提供 ホンダ》

7月22日(現地時間)、エドモントン・シティセンター・エアポート特設コースで行われたでINDY第11戦決勝において、佐藤琢磨はトップに0.8367秒差の2位で入賞した。2位入賞は2008年の武藤英紀以来日本人ドライバー最上位タイとなる。

2列目インサイドの3番グリッドからスタートした佐藤は、スタート直後に4位にポジションを下げたものの、すぐさまブレーキング競争で1台をパスし、順位を挽回した。その後しばらく3位をキープしていたが、2回目のピットストップ後にアレックス・タグリアーニを抜き、2位へと浮上した。

佐藤はその後も、トップを走っていたエリオ・カストロネベスに対して持ち前のアグレッシブな走りで果敢にアタックを見せたものの、わずかに及ばず2位でのフィニッシュとなった。

しかし、日本人最上位タイとなる2位での入賞に対し、佐藤は「2位は本当にうれしい結果です。これで勢いを取り戻すことができました。残る4レースが非常に楽しみです」とコメントしている。

佐藤琢磨の果敢な走りは、動画共有サイト経由で見ることができる。

佐藤琢磨の果敢な走り(動画キャプチャ) INDY第11戦ラップチャート INDY第11戦ラップチャート 第11戦エドモントンで2位表彰台を獲得した佐藤琢磨《提供 ホンダ》 第11戦エドモントンで2位表彰台を獲得した佐藤琢磨《提供 ホンダ》