トヨタ86の北米仕様、サイオンFR-S

北米カーオブザイヤー主催団体は、「2013北米カーオブザイヤー」の第1次選考30台のリストを発表した。今回は例年になく日本車が多く、全体の半数近い13台がノミネートされている。

北米カーオブザイヤーは今年で20回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

2013北米カーオブザイヤーの第1次選考30台は、以下の通り。

アキュラILX
BMW 3シリーズ
BMW 6シリーズ・グランクーペ
キャデラックATS
キャデラックXTS
シボレー・マリブ
シボレー・スパーク
ダッジ・ダート
フォード・フュージョン
フォード・フォーカス・エレクトリック
ホンダ・アコード(日本名:インスパイア)
ホンダ・フィットEV
ヒュンダイ・アゼーラ
ヒュンダイ・エラントラGT
レクサスES
レクサスGS
レクサスLS
リンカーンMKZ
メルセデスベンツSLクラス
日産アルティマ
日産セントラ
ポルシェ911
ポルシェ・ボクスター
サイオンFR-S(日本名:トヨタ86)
SRTバイパー
スバルBRZ
テスラ・モデルS
トヨタ・アバロン
トヨタ・プリウスc(日本名:アクア)
トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)

今回は例年になく、日本車のノミネートが多いのが特徴。とくにトヨタは、『アバロン』、『アクア』、『ヴィッツ』、『86』、レクサス『ES』/『GS』/『LS』の7台が選出され、メーカー別では最多となった。このうちレクサスLSは、30日に発表予定の2013年モデルがエントリーしている。

またホンダからは、次期『アコード』と米国のEVで最も燃費効率の高い『フィットEV』、アキュラの新型コンパクトセダン、『ILX』の3台が指名。日産は新型『アルティマ』と次期『セントラ』の2台。トヨタ86の兄弟車、スバル『BRZ』も選出された。

この他、テスラモーターズの新型EVセダン、『モデルS』もノミネート。前回イヤーカーに輝いたヒュンダイからは、『アゼーラ』と『エラントラGT』の2台がリストアップされている。

今後は12月にファイナリスト3台に絞り込まれ、2013年1月のデトロイトモーターショーで、2013北米カーオブザイヤーが決定する。

スバル・BRZ(米国仕様) 新型トヨタ・アバロン 新型レクサスES350 ホンダ・フィットEV 新型日産アルティマ