F1 ドイツGP(2012年)

ドイツGP終盤で、ヘアピンでセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がジェンソン・バトン(マクラーレン)をパスしたオーバーテイクに関して、レーススチュワードは競技規定20.2に違反していると決定し、処分を下した。

「カー No.1(セバスチャン・ベッテル)は、コースから逸脱し、再合流時にポジション(3位から2位へ)を獲得した。FIA競技規定20.2の違反と判定し、ドライブスルーペナルティに相当するレース後適用規定に基づき、レースタイムに20秒を加算する」

結果、ベッテルの順位は2位から一転、5位となり、キミ・ライコネン(ロータス)が3位、小林可夢偉(ザウバー)が4位にそれぞれ昇格している。

F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年)