F1 ドイツGP(2012年)

ドイツGPはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がセバスチャン・ベッテル(レッドブル)とジェンソン・バトン(マクラーレン)を振り切って優勝し、ドライバーズポイントのリードをさらに拡大した。

レース中、アロンソが圧倒的リードを保つことは一度もなかったが、レッドブルとマクラーレンの攻勢を必要最低限の力でかわし続けた。フィニッシュが近づくとベッテルとバトンの間にバトルが発生したこともアロンソに有利に働いた。前回シルバーストーンの優勝者ウェーバーが今回は8位と振るわなかったため、アロンソのドライバーズポイント差は34ポイントに拡大している。

バトンは序盤にミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)とニコ・ヒュルケンベルク(フォースインディア)をパスし、ベッテルがルイス・ハミルトン(マクラーレン)を周回遅れにした頃にはトップ2を視野に捉えていた。

レース終盤になるとベッテルがバトンに対して攻勢に出た。レースは1周を残したヘアピンでベッテルが外側から仕掛け、ランオフエリアを使って前に出た。バトンはこのバトルによって惜しくも3位になったが、4月の中国GP以来となる久しぶりの表彰台となった。

しかし、レース後の審議で、バトンに対するベッテルのオーバーテイクが20秒加算のペナルティとなり、2位入賞から一転、5位に降格! これによってバトンは2位。以下、順位に変動が生じて、キミ・ライコネンが3位、レースペースとタイヤを上手に使い切った小林可夢偉が4位入賞で自己ベスト記録を更新した。ベッテルはレース後に5位となり、セルジオ・ペレスが6位。ザウバーは久々のダブル入賞を果たした。

リタイアは、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)のみ。スタート直後のクラッシュに遭遇したハミルトンは恐らく破片を拾ってパンクを拾って大きくポジションを落とし、周回遅れとなった。最終的にはレースからリタイアしている。

Rd.10 ドイツGPリザルト(確定リザルト)

1: アロンソ(フェラーリ)
2: バトン(マクラーレン)
3: ライコネン(ロータス)
4: 小林(ザウバー)
5: ベッテル(レッドブル)
6: ペレス(ザウバー)
7: シューマッハ(メルセデスAMG)
8: ウェーバー(レッドブル)
9: ヒュルケンベルク(フォースインディア)
10: ロズベルグ(メルセデスAMG)

11: ディレスタ(フォースインディア)
12: リチャルド(トーロロッソ)
13: マッサ(フェラーリ)
14: ベルニュ(トーロロッソ)
15: マルドナド(ウィリアムズ)
16: ペトロフ(ケータハム)
17: セナ(ウィリアムズ)
18: グロージャン(ロータス)
19: コバライネン(ケータハム)
20: ピック(マルシャ)
21: デラロサ(HRT)
22: グロック(マルシャ)
23: カーティケヤン(HRT)

ファステストラップ: シューマッハ 1'18.275

DNF/リタイア 周回
ハミルトン(マクラーレン) 58

F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年) F1 ドイツGP(2012年)