マツダ・デミオ

マツダは7月20日、連結子会社トーヨーエイテックの株式の一部を伊藤忠商事に210億円で売却したと発表した。

トーヨーエイテックは、マツダの工作機械事業から分社・独立し、1989年設立。本社はマツダの宇品工場にあり、内面研削盤では国内トップシェアを誇る。

今回、マツダが保有する同社株式の7割にあたる680万7000株を伊藤忠商事に売却。売却益は、2013年3月期単独決算において約189億円を特別利益に、連結決算において約96億円を特別利益にそれぞれ計上を見込んでいる。

トーヨーエイテック(イメージ)