トロリー式ダンプトラック(写真はアフリカの稼働機)

日立建機は、トルコの金鉱山向けに、トルコ国内初となる電動式の超大型油圧ショベルとトロリー式ダンプトラックの組み合わせを合計8台一括受注した。

今回の受注は、日立建機の中東地域の販売・サービス会社である日立建機中東(FZE)が、カナダの金生産会社であるエルドラド・ゴールドの子会社で、トルコ国内最大規模の金生産量を持つキスラダグ金鉱山を開発するトゥプラグから注文を受けたもの。

電動式の「EX5600超大型油圧ショベル」が1台、日立製作所製の最新式IGBTインバータを使用したAC駆動方式の「EH4000ACリジッドダンプトラック」が7台の合計8台で、メンテナンス部品を含めた受注額は40億円以上を見込んでいる。

納入するダンプトラックは、車体上部に搭載したパンタグラフによって、登坂路に接地された架線を流れる電力を取り込むことで坂を上るトロリー式を採用している。電動式の超大型油圧ショベルと合わせて、鉱山現場内に設置された発電所から供給される電力を利用して、燃費を大幅に削減できる見通し。

こうした組み合わせは、アフリカ南部を中心に稼働実績があるが、トルコ国内や、中東地域の鉱山現場で採用されるのは業界で初。

キスラダグ金鉱山では、2006年に納入した同社の「EX3600超大型油圧ショベル」(エンジン式)が2台稼働しており、故障の無い高い稼働率が評価されている。今回受注した機械は、2013年初頭から順次納入する予定。

この契約に加え、今後の状況に応じて同型のEX5600、EH4000ACを合計40台程度納入する予定で、既に受注しているものにこの分を加えると、メンテナンス部品を含めた総額は400億円以上になる見込み。追加分は2013年から2016年末にかけて納入完了を予定している。

受注機を納入するキスラダグ金鉱山