現行日産 ローグ

ルノー日産アライアンスは7月20日、韓国へ1億6000万ドル(約125億円)を投資し、ルノーサムスン(ルノー三星自動車)の釜山工場において、日産ブランドの小型SUV、『ローグ』の次期モデルを生産すると発表した。

ルノーサムスンは2012年、「RSM 2012 リバイバルプラン」を発表。これは近年、赤字体質が続く同社の再生計画だ。次期日産ローグを釜山工場で生産することにより、ルノーサムスンは工場稼働率の引き上げを図る。

韓国の釜山工場での次期ローグの生産は、2014年に開始される予定。年産台数は8万台を想定している。ルノーサムスンは2012年、韓国国内および海外60か国向けに、年間18万台の生産目標を掲げており、次期ローグの生産が始まる2014年には、さらに生産台数が上乗せされる。

ルノーと日産のカルロス・ゴーンCEOは、「韓国での生産能力の増強は、ルノーサムスンがコスト競争力と成長に対する目標を達成するため、アライアンス全体でサポートしていくというコミットメントを明確に示すもの」とコメントしている。

現行日産 ローグ 現行日産 ローグ