フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) 《撮影 太宰吉崇》

フォードモーターが、北米市場で発売したばかりの新型SUV、『エスケープ』。同車がこの1週間で、立て続けに2度のリコール(回収・無償修理)を発表した。

最初のリコールは7月16日に発表。これはフロアマットの取り付けの不具合によるもので、フロアマットとブレーキペダルが干渉。最悪の場合、ブレーキが効かなくなる可能性があるという内容だった。対象となるのは、北米で約1万台。

今回、19日に発表されたリコールは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」エンジンに関してのもの。フォードモーターによると、燃料の供給系統に不具合があり、燃料が漏れて最悪の場合、火災に至る危険があるという。対象台数は、北米で販売された約1万1500台。

フォードモーターの現地ディーラーでは、新型エスケープの1.6リットル仕様の納車を一時的に停止。すでに納車された顧客と連絡を取り、速やかにリコール作業を行うとしている。

フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) 《撮影 太宰吉崇》 フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) 《撮影 太宰吉崇》