CEATEC11の開催風景

CEATEC JAPAN実施協議会は7月19日、2012年の開催概要について発表した。期間は10月2日〜6日までの5日間で、開催テーマは「スマートイノベーション−豊かな暮らしと社会の創造」だ。

その理由について、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)の大木一夫専務理事は「電力不足はこれまでの社会システムが抱える課題解決策の一つとして、スマート化という新しい流れを生み出している。これにより、IT・エレクトロニクス産業と、エネルギー、医療・ヘルスケア、農業、住宅、自動車産業が融合し、新しい市場を創り出すことが期待されている」と説明。

ステージ名称も従来の「デジタルネットワークステージ」「電子部品・デバイス&装置ステージ」から「ライフ&ソサエティステージ」「キーテクノロジステージ」に変更し、より身近な形で最新技術をわかりやすく展示する。また、「モビリティ」「エネルギー」「医療・ヘルスケア」の3つの分野にスポットを当てた特別展示や企画を通じて、暮らしや社会全体が快適になる提案も行う。

「一人でも多くの人に来場していただき、新しい流れを実感していただきたい」と大木専務理事は話し、今年も前回同様、最終日の土曜日を無料公開日にして、日本のモノづくりを次世代につなぎ、人材育成の一助となるよう、参加型・体験型イベントを実施する。

出展規模については、エレクトロニクス業界の厳しい経営環境を受け、「昨年並みになればいい」という状況で、業界が変革期を迎えているのと同時に展示会自身も大きな転換期となっているようだ。

CEATEC12の会見 大木一夫・情報通信ネットワーク産業協会専務理事