【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジし3世代目となった、メルセデスベンツ『Mクラス』が発売された。

今回の大きなポイントのひとつは、『ML350ブルーテック』の右ハンドルの導入だというのは、同社商品企画・マーケティング部の江上浩史さん。「先代は左ハンドルだけの導入でした。その理由は、いち早く日本にクリーンディーゼルエンジンを導入しようと、開発側といろいろ交渉した結果だったのです」と振り返り、今回は、「フルモデルチェンジですので、日本のマーケットに合った右ハンドル化を目指しました」とする。

その価格についても、「ブルーテックモデルはガソリンモデルに対し、プレミアム性の高い価格設定をしていましたが、今回は、選ぶ際はガソリンもクリーンディーゼルも同じ目線で見てもらいたいと、装備差はあるものの、価格をよりお求めやすい価格にしました」と話す。その価格はガソリンモデルが750万円から。ブルーテックモデルは790万円からとなった。認証はこれからとしながらも、「クリーンディーゼルのエコカー減税がありますので、見込みでは、同じくらいのレベルになるのではないでしょうか」という。

江上さんによると、「先代は左ハンドルながらも4割強はブルーテックが選ばれていました」といい、「今回の右ハンドル導入によって、おそらく7割からそれ以上はクリーンディーゼルになるのではと思います。つまり、主力モデルがクリーンディーゼルになるということです」と期待をにじませた。

【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》 【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》 【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》 【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》 【メルセデスベンツ・Mクラス《撮影 内田俊一》