タイヤ(イメージ)

日本自動車タイヤ協会は、2012年の自動車タイヤ国内需要見通しを上方修正した。

乗用車用タイヤの上期実績は、前年の大幅減の反動やエコカー減税・補助金により、前年比49%増の2145万本となった。下期はエコカー補助金の終了が見込まれるため前年を下回るとし、年間では当初見通しより132万本増・同19%増の4154万本へ上方修正した。

小形トラック用タイヤも、上期実績は同41%増と上昇したが、下期は前年すでに回復基調であったため前年を下回ると予測。年間では当初見通しより5万本増・同比9%増の499万本へ修正した。

また、トラック・バス用タイヤも、上期実績は同52%増で大幅プラスとなったが、下期は前年を下回ると予測。年間では当初見通しより5万本増・同15%増の114万本へ修正した。

日本自動車タイヤ協会 webサイト