操業を一時停止するイタリアのポミリアーノ工場では、新型フィアット・パンダを生産中

信用不安の影響で、欧州での販売不振が続くイタリアの自動車大手、フィアット。同社がイタリアの主力工場の操業を、一時停止することが判明した。

これは18日、フィアットが発表したもの。イタリアのポミリアーノ工場の生産を、一時的に停止することが告げられたのだ。同工場では現在、新型『パンダ』などを生産中。

フィアットによると、生産の停止は、通常の夏季休暇を延長する形で実施。同工場では、夏季休暇に続けて、8月20日から31日までの約2週間、工場の稼働を見合わせる。

欧州の2012年上半期(1‐6月)の乗用車新車販売は、前年同期比6.3%のマイナス。イタリア国内では19.7%減となっており、6月単月では前年同月比24.4%の大幅マイナスだ。

フィアットは、「今後数か月、需要を見極める必要がある」と説明している。

フィアット・ポミリアーノ工場 ポミリアーノ工場