17日午前0時30分ごろ、兵庫県伊丹市内の市道を走行中の乗用車が路外に逸脱。電柱へ衝突した後、民家の外壁に突っ込む事故が起きた。電柱1本が倒壊したが、運転者はクルマを放置して逃走している。

兵庫県警・伊丹署によると、現場は伊丹市昆陽東5丁目付近で片側1車線の直線区間。乗用車は何らかの理由で路外に逸脱。道路左側の電柱へ衝突した後、さらに前方の民家外壁に突っ込んだものとみられる。

「電柱が折れて、電線が道路に垂れ下がっている」という近隣住人の通報を受けて同署員が現場へ急行したが、運転者はクルマを放置して現場から逃走していたという。

警察ではクルマの使用者から事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。