アストンマーチン赤坂ショールーム《撮影 山本一雄》

アストンマーチン赤坂ショールーム、リニューアルオープンプレス発表会に訪れたアストンマーティンラゴンダ グローバルセールスディレクターのAndy Gawthorpe氏が、同社ブランドと新型車について語った。

アンディ氏はウイリアム王子のパレードで使用された『DB6ヴォランテ』をスライドで紹介し、「アストンマーティンの価値を証明する一枚」と紹介。来年100周年を迎える同社のブランドをアピールした。

先日発表された『V12ヴァンテージ ロードスター』に続いて『ヴァンキッシュ』を紹介すると、「アストンマーチンの理念、パワー、ビューティー、ソウルを象徴する車」と同社のモデルレンジのトップに君臨する一台とし、予約は受付中で国内の納車は来年の1月以降になる見込みになるという。

アストンマーチン赤坂のセールススペシャリスト矢鋪耕一氏によると、「ヴァンキッシュの予約はすでに2台頂いており、車両展示は年末を計画中です」とのこと。

アストンマーティンラゴンダ グローバルセールスディレクター Andy Gawthorpe氏《撮影 山本一雄》 ウイリアム王子のパレード。DB6ヴォランテ《撮影 山本一雄》 Andy Gawthorpe氏《撮影 山本一雄》 V12ヴァンテージ ロードスター《撮影 山本一雄》 ヴァンキッシュ《撮影 山本一雄》